前へ
次へ

変化する日本のお葬式とマナーに関して

急速に進んでいる日本の高齢化は、捉え方によってはビジネスチャンスでもあります。
最も当てはまるのが、葬儀業界ではないでしょうか。
多死社会においては、葬儀社の役割が高まっています。
各社色々と知恵を絞って、様々なお葬式のプランを打ち出しています。
有名なところでは、シンプル葬儀が挙げられます。
祭壇や控え室を最小限にするとで、経済的な負担は少なくなります。
家族だけでお葬式を執り行いたいと願うケースは多いですし、お金はなるべく節約したいのは当然ではないでしょうか。
ある調査機関が出している数字によると、平均的な葬儀・告別式の費用は200万円のようです。
あまりの高さに驚いてしまいますが、それが当たり前だと思ってしまうと危険です。
お葬式の在り方は各々ですし、どんなプランを選ぶかは自由であって良いはずです。
終活セミナーが人気を集めていますが、あらかじめエンディングノートに書いておくことで、後々のトラブルが起きなくて済みます。

Page Top