前へ
次へ

変化する日本のお葬式とマナーに関して

急速に進んでいる日本の高齢化は、捉え方によってはビジネスチャンスでもあります。
最も当てはまる

more

自分の葬儀は家族葬にしてほしいです

自分の葬式の時には家族葬を希望しています。
たくさんの人に葬儀に来てもらうのも良さそうですが、

more

葬儀会社は慎重且つ迅速に決めることが大切である

身内が亡くなり葬式を挙げる必要性に迫られた時に思うことは素人ではとても葬祭場や火葬場の手配などをする

more

葬式の意義について考察すること

葬儀とは故人死に対して悲しみを感じ、故人との時間を思い出す機会と考えられます。
しかし、葬儀の意義は様々な考え方があります。
日本では、この様に、葬儀を故人との別れの悲しみとしての機会であるのが一般的ですが、世界に眼を向けると、故人の新しい出発の祝いと考え明るく送り出す場合もあります。
日本でも、宗派の違いにより異なりますが、必ずしも全てが悲しみとは言えない部分があります。
それは、故人が愛用していたものを火葬の時共に火葬することが多いことに象徴されます。
この考え方は、故人があの世でもこの世と繋がっているのを忘れないでほしいという想いが込められていると言えるでしょう。
一方、残された親族や知人はどう考えるべきでしょうか。
葬儀は死を考える貴重な場です。
死を考えることは、同時に、生を考えることでもあるのです。
故人の死を見つめることで、改めて生きることが実感できるはずです。
つまり、葬儀について考えることは、故人だけでなくすべての人が生きることを考える貴重な機会と考えるのが自然でしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top