前へ
次へ

葬式スタイルも年々多様化しています

一般葬が主流だった昔と違い、家族葬や自然葬など葬式スタイルも多様化しています。
どんな葬式を希望するか自分自身で決められる環境は整っていますので、インターネットで情報収集を行ったり葬儀会社に足を運んで話をするなど、しっかり勉強した上で選択することを心がけてください。
結婚式と違い実際に家族が亡くなってから葬式の準備を行うため、何も考えられずに葬儀会社のスタッフに言われるがまま進むケースも多いですが、ある程度の年齢になった段階で少しずつ考える時間を作れば、納得できる葬式を行うことも十分可能になります。
最近は終活と呼ばれる活動も増えてきていますし、自分がどんな最期を迎えたいか家族で話し合う機会も多くなりました。
何も考えないと亡くなった故人は良くても残された家族が困ることになりますので、亡くなった時にどこの葬儀会社に依頼するかなど最低限の準備だけは進めておいて、残された家族に負担をかけないように心がけましょう。

Page Top